自動株式売買ロボット・カブロボ


カブロボ


トップ  |  カブロボについて

アイデアを思いのままに
組み立てられる開発環境

単なる数字の比較やかけ合わせだけではない、自由度の高い開発環境がカブロボの特徴です。

JAVA言語を用いた開発環境(カブロボSDK)では、人工知能や遺伝的アルゴリズムを使ったカブロボが制作されています。ブラウザ上で操作するだけで、高度なカブロボを制作することができる開発環境もご用意しております。

新規参加登録

選べる多様なカブロボの開発環境

プログラミングの経験が無くてもカブロボは作れます

カブロボ・コンテストは、プログラミングの未経験者から上級者までが、それぞれに参加できる工夫がされています。

「KaburoboBuilder」(カブロボビルダー)では、プログラミングをすることなく、ウェブ上でカブロボを制作できます Javaのプログラミングがお分かりになる方には、より高度で複雑な投資判断も自由に記述できる「KaburoboSDK」をご提供しています。

初めてカブロボを制作する方へ

カブロボを初めてお使いになる方には「KaburoboBuilder ライト」(以下、「KBライト」)、または「KaburoboBuilder ユニバーサル」(以下、「KBユニバーサル」)をおすすめします。 ウェブ上で制作できますので、新しいソフトウェアのインストールの必要がなく、すぐにお試し頂けます。

「KBライト」では、好きな銘柄を3銘柄選んだ上で、画面上に表示される投資戦略に関わるいくつかの質問に答えるだけで、カブロボが完成します。

「KBユニバーサル」は非常に汎用性が高く、初心者から上級者までに使われている開発環境です。 より詳細な投資戦略をウェブ上で設定し、カブロボを制作することができます。 書籍に載っているような投資戦略をカブロボにすることも可能です。 「KBユニバーサル」で作られたカブロボは、これまでにカブロボ・コンテストの優秀アルゴリズム賞を何度も受賞しています。

参考書籍のご案内

株式自動売買ソフトウェア 株ロボを作ろう! SDK2.0対応

秀和システムよりカブロボの開発環境に関する書籍が発売されています。

『株式自動売買ソフトウェア 株ロボを作ろう! SDK2.0対応』
鳥海不二夫 著

Amazon.co.jpへ >>

プログラミング言語「Java」を使って制作する
Kaburobo SDK

カブロボをJava言語で制作する為のSoftware Development Kit(SDK)です。 専門的な知識が必要ですが、アセットアロケーションやポートフォリオマネジメント等のオリジナル戦略を駆使したカブロボを制作できます。 データ取得やテクニカル分析、売買執行、成績分析などを自動的に行う機能が用意されているので、投資戦略のみを実装すればカブロボが完成します。

SDKのダウンロードは、ログイン後のサポートページから行って頂けます。

Kaburobo SDK で作られたカブロボの運用ランキング >>


ウェブ上でカブロボを制作できる
KaburoboBuilder (略称:KB)

KBライト

初めての方におすすめの開発環境です。 投資戦略に関わるいくつかの質問に答えるだけで、カブロボが完成します。

※KBライトはカブロボ・コンテストの審査対象にはなりません。

KBライトで作られたカブロボの運用ランキング >>

KBユニバーサル

数式を組み合わせて売買の条件を設定する開発環境で、テクニカル分析を用いた運用をしたい方におすすめです。 KaburoboBuilderの中で最も細かい条件設定ができる為、一番利用者数の多い開発環境になっています。

KBユニバーサルで作られたカブロボの運用ランキング >>

KBナビ

ファンダメンタル分析を用いた運用をしたい方におすすめの開発環境です。 使用するファンダメンタル指標を選択し、条件等を設定するだけで、 運用に関わるリバランス等のファンドマネージャーが行っている高度な手法を自動的にロボットが行う仕組みになっています。

KBナビで作られたカブロボの運用ランキング >>

KBストラテジー

画面上で投資戦略に関わる設問に答えていくだけでカブロボを制作できる開発環境です。 KBライトに比べ、各種条件の値を個別に設定することができます。

KBストラテジーで作られたカブロボの運用ランキング >>


プライバシーポリシー | 利用規約