自動株式売買ロボット・カブロボ


カブロボ


トップ > サポート > よくあるご質問
■ よくあるご質問

お客様に数多くお寄せいただいたご質問にお答えします。
他のご質問はカブロボ公式BLOG - KABUROBO.NETにも掲載されております。あわせてご確認ください。 ご要望もお知らせいただければ幸いです。
なお、ツールの使い方やプログラム方法に関して、個別のサポートは、行っておりません。 また、カブロボサイトを公正に運営するために、個別にご返事することも避けさせていただいております。 あらかじめご了承をお願いいたします。

・ 全般に関するご質問

Q. 登録や参加に費用はかかりますか?

A. 一切無料です。運用に際しても、その結果に対しても、何かお支払いが発生することはありません。

Q. 作成したカブロボは論文にしたり学会や大学で発表できますか?

A. 可能です。ご自身で考案されたところの権利は考案者に帰属します。 大会でご提供するカブロボや開発キット等の著作権は大会に帰属します。 また、株価データ等はその提供元に権利がありますので、論文などにしていただく際はカブロボ運営事務局にご相談ください。

Q. 株は知っていますが、プログラミングができません。参加できますか?

A. 可能です。プログラミングが出来ない方でも、カブロボがご提供するKaburobo Builderをベースにしてご自分のカブロボを設定する方法があります。

Q. どんなカブロボが表彰されますか?

A. 期間中の成績だけでなく、委員会が実施する過去の実データに基づく長期テストやカブロボのアルゴリズムなどを総合的に評価します。 実用化を前提としていますので、安定した成績を期待できるカブロボの評価が高くなります。 詳しくは「カブロボ・コンテストについて」をご覧ください。

Q. 表彰にクラス分けはありますか?kaburobo Builderで作っても自作カブロボも等しく成績勝負でしょうか?

A. クラス分はありません。 これは結果がすべての世界のためです。 シンプルな投資方針が複雑なものよりも成績が良い場合があります。 表彰制度の詳細は「審査基準について」「カブロボ・コンテストについて」をご覧ください。

Q. カブロボは実際の株を売買できますか?

A. このサイトの中で、実際に株の売買を行うことはできません。 株の銘柄と価格は実際のものを使っておりますが、サイトが用意する仮想証券会社への売買を行うシミュレーションです。

Q. これはデイトレーダー用のサイトですか?

A. 注文のタイミングを1日2回まで(前場、後場の寄前)に制限していますので、いわゆるデイトレーダーのサイトではありません。 カブロボは、比較的一般の個人投資家の投資モデル(スタイル)にて運用を 行います。 例えば、週に1度しか売買しないカブロボもあります。

Q. システムトレードを事業として行っていますが、利用できますか?

A. 事業者の方、もしくは個人で事業として行われている方もご利用いただけます。 利用条件等は現在されている事業の継続性などを考慮しますので、個別にご相談ください。

Q. これはチャート分析のアルゴリズムを競うサイトですか?

A. 伝統的なチャート分析手法を用いることもできますが、ファンダメンタル分析も用いることができます。 前日の米国市場の結果、為替、他の各種指標なども参考にすることができます。 また、機械学習や推論アルゴリズムなどを応用したカブロボも多く参加しています。

Q. 海外に居住していますが利用できますか?

A. ご本人確認ができること、賞金について居住国の税金等対応が利用者によって行えること、 利用規約に合意いただくこと、これらの条件をすべて満たす場合にはご利用いただけます。

Q. 仮想証券会社の手数料は?

A. 実際の証券会社の手数料に準じるモデルを採用しています。 空売りでは金利なども発生します。これはできるだけ実際の運用に近い環境で行うためのものです。

Q. カブロボの稼動スケジュール(タイミング)は?

A. 1日に2度の注文機会の他に、夜スクリーニングをする時間があります。 カブロボの起動などは、運用サーバ上で自動で行いますので、作者の方にご負担はありません。 詳しくは「カブロボ・コンテストについて」をご覧ください。

Q. 300銘柄で実施する理由はなんですか?

A. 技術的には東証1部全銘柄で実施できますが、できるだけ多くの方に利用していただきたいのと、 システム負荷軽減のために銘柄数を絞っています。 現在は300銘柄だけではなく、500銘柄を対象に売買できるようになっています。

Q. 運用期間が短いと、ロボットを正しく審査してもらえるか不安です。

A. カブロボは最低でも半年間、できれば2~3年間動かして評価したいと考えております。 ただ、表彰までの期間を短くして欲しいというご要望もあり、それにお応えして随時審査する方式になっています。 また、いつからでも参加していただけるように、今までの大会形式から定常形式に変更しました。 もちろん、カブロボの評価としては数ヶ月間では短すぎますので、運営事務局で審査時に長期のバックテストを行います。 その期間や銘柄は、フィッティング(最適化)を避けるために非公開とさせていただいています。 アルゴリズム自体の定性的な評価も行いますので、カブロボ詳細説明フォームに特徴を記述してください。 なおカブロボの運用期間の長いものをより高く評価します。

Q. 日足ベースのトレードですか?

A. いいえ。前場足、後場足ベースとなっております。前場、後場それぞれで情報が取得でき、注文を行えます。

Q. 作ったカブロボは、どこで動かすのでしょうか?自分のPCですか?

A. 開発時のバックテストは、開発者のPC上で動くようにしていますが、運用はすべてカブロボサーバの上で動きます。 日々何か指示をだしたり、作業をする必要はありません。手元のPCを使うこともありません。

Q. 過去にはどのようなカブロボが参加していますか?

A. 実に多様です。一般的な移動平均などのチャート分析手法で売買を行うものから、 ニューラルネットワークやベイズ理論などの情報科学や数理系のアルゴリズムを応用したもの、 さらには風水のみで銘柄を選定するもの、相場に応じて最適なアルゴリズムを動的に選択するもの・・・といろいろです。 チャート型のツールと違いカブロボには自由なプログラム環境が提供されています。

Q. 授業の一環として、(研究活動の一環として)利用できますか?

A. 歓迎です。 ゼミ(研究室)でご参加いただいた大学もあります。 また、カブロボに関連するテーマで、共同(委託)研究をさせていただいている大学もあります。 カブロボ運営事務局側でサポートする必要がある場合には、個別にご相談を承ります。 個人でも、カブロボの仕様策定や開発にご協力いただける方、もしくはカブロボに関連した研究を検討されている方など、 お気軽にご連絡ください。 (それぞれ、カブロボの審査に対し有利不利はありません。)

Q. カブロボの特徴を簡単に教えてください。

A. カブロボは、人にできないことを行うのではなく、人に近づくことを目指しています。 株価のチャート情報だけでなくファンダメンタル(企業業績や海外市場)情報を参照し、 注文した結果を踏まえて改めて次の注文を考えるロボットです。 単に売買シグナルを生成するのではなく、資金量に応じて注文金額を決定し、 またポートフォリオ管理やリスク管理も行うことができます。

Q. ツールのインストールや使い方で個別に相談できますか?

A. たいへん申し訳ございませんが、個別のサポートは行っておりません。 また、公正に行うためにご質問には個別にお答えせず、代表的なものを中心に当サイト、 または掲示板でお答えさせていただく方針にしています。

Q. Java言語は初心者です。カブロボは作れますか?

A. カブロボは、Java言語の入門用としては作られておりません。 初心者の方は、webブラウザ上でカブロボの設定ができるKaburoboBuilderをお使いいただければと思います。 ある程度Javaプログラミングができる方は、カブロボのサンプルコードをご用意していますので、 その改造から取り組んでいただければと思います。

・ アルゴリズム/システムトレードに関するご質問

Q. 一般論として、システムトレードが市場に及ぼす影響が心配です。

A. ブラックマンデー以降、システムトレードが暴騰、暴落の原因になるのではないかと 危惧されていることは承知しています。この件については、マルチエージェント環境でのそれぞれの影響について、 複数の研究機関と共同で検証を進めています。また、カブロボは運用規制の項目の中で、 空売り規制、高値・安値への関与規制などを定めています。

Q. ロボットが株を売買するのは、市場への影響の点で危険ではありませんか?

A. その点について、極めて慎重に自主規制ルールを設定しています。 それとは別に、カブロボの目標についてご説明しますと、ある一つのアルゴリズムのカブロボが、 必勝カブロボとして市場を管理するように動くということではありません。 個人投資家がそれぞれの投資方針に基づいて、自分の投資活動を助けるエージェントを持てるようにするのが目標です。 大規模なファンドを運営する世界では既にシステムトレードは一般化しています。 残念ながら、一般の個人投資家はそれらを手に出来ていません。 少なくとも、自動売買をしないまでも個人投資家が、それぞれに必要とするテクニカル分析やアラート機能を 手にすることができるように、このプロジェクトを推進しています。

Q. システムトレードが東証などの負荷を増やしているのでは?

A. カブロボは、一般的な個人投資家の投資スタイルをモデル化していますので、 1日に出せる注文は最大2回までに制限しています。 1週間に1度しか注文を出さないロボットも珍しくありません。 証券取引所および証券会社などへの負荷を最小限にするように、他にも自主規制をしています。

・ 実運用に関するご質問

Q. 実運用とは何ですか?

A. 優秀なカブロボが審査を通過した際に進む可能性があるフェーズのことで、事業化される前の実証運用です。 2006年に行われたカブロボのコンテストでは最優秀賞に選ばれたカブロボ10体に、総額5億円の現金を元手に、実際の運用を託しました。 株の売買を、実際の市場で行います。カブロボ作者の方には、利益の中から所定の報酬をお支払いします。 なお、実運用におけるカブロボの動作について、法律や運用規制等に準拠して行っています。 それに必要な対応は、作者と共同で、トレード・サイエンス株式会社が行います。

Q. 実運用の結果、損がでた場合に参加者に負担がありますか?

A. カブロボ作者に負担が生じることはありません。 ただし、実際の運用のために、コンプライアンスと自主規制に準拠するために、事前にカブロボに手を加える必要が生じる場合があります。 その際には、カブロボ作者の方と相談し、対策を練ることになります。 (必要に応じてトレード・サイエンス社が作業をいたします。) そのようなご負担をおかけする可能性はありますが、この場合でも金銭的なご負担が生じることはありません。

Q. カブロボで儲けられますか?

A. このご質問は 「株は儲かりますか?」 と同義ではないかと考えています。 ご自分で投資される際には、まず投資方針を定めて、それに見合う株を探し、時期も慎重に見定めて投資をされていると思います。 そのような投資行動をモデル化し、ご自分の分身(エージェント)として動作するのがカブロボです。 カブロボは、短期ではなく中長期の投資を前提としていまして、 一般の個人投資家の投資活動の一助になるように、その投資環境の向上に貢献することを目指しています。 またリスク管理機能を向上させることが、とても重要と考えています。

Q. カブロボ作者の権利を詳しく教えてください。

A. このサイトは、個人でも優れたアルゴリズムを持つカブロボの開発者に光をあてることが目的です。 優れたカブロボを広く多くの人に使ってもらい、作者にはその報酬をお渡しする仕組みです。 よって、開発者の権利を最大限に尊重します。事業化は作者の意向にそって行います。 現在事業を行われている方で、その技術を基に参加される方は個別にご相談を承ります。

・ ログインについて

Q. ログインできません。

A. カブロボサイトにログインできない場合は以下のような原因が考えられますので、ご確認をお願いいたします。

当サイトにログインをしていただくには、cookie を有効にしていただく必要がございます。お使いのブラウザの cookie の設定をご確認ください。 →cookieとは?

「ユーザID(メールアドレス)または、パスワードが間違っています。」と表示された場合は、半角で正しくメールアドレスやパスワードが入力されているかご確認ください。
また、メールアドレスやパスワードの前後に半角スペース等が入っていないかご確認ください。

正しいメールアドレスとパスワードをご入力いただいてもログインできない場合(エラーメッセージも表示されず、再びログイン画面が表示されてしまう等)は、
ブラウザに保存されている cookie により不具合を引き起こしている可能性があります。お手数ですが、ブラウザに保存されている cookie を一度削除していただき、
再度ご確認お願いいたします。
(※ cookieを削除しますと、他サイトでの cookieを利用した機能が一度無効となる場合がございます。予めご了承の上ご操作ください)

セキュリティソフトがログインをブロックしている場合がございます。ご利用の場合は、一時的にセキュリティソフトを無効にしてお試し下さい。
無効状態でログインが成功した場合、セキュリティソフトの設定が原因と考えられますので、例外ルールの追加をお願いいたします。
(※ セキュリティソフトの操作方法については、各ソフトのマニュアルをご参照下さい)
FirefoxやChromeなどをご利用の場合エクステンションが、IEの場合追加導入のツールバーがログインを阻止している場合もございます。

Internet Explorerをご利用の場合は、一時的に www.kaburobo.jp を「信頼済みサイト」ゾーンへ追加してお試し下さい。
追加した状態でアクセスでき、追加しない状態でアクセスできない場合は「インターネット」ゾーンの設定が厳しすぎる可能性があります。

普段お使いのブラウザに問題が発生している場合、ブラウザを一時的に変更していただくと問題が解決する場合があります。
たとえば普段Internet Explorerをお使いの場合はGoogle ChromeやMozilla Firefoxをご利用の上ご確認をお願いいたします。

それでも解決しない場合は...
お手数ですが、下記情報を添えてお問い合わせ願います。

【ご利用のOS・バージョン】 例:Windows 7 Professional 32bit SP1
【ご利用のブラウザ・バージョン】 例:Mozilla Firefox 4.01 32bit
【ご利用のセキュリティソフト】 例:Microsoft Security Essentials、またはNorton Internet Security 2011など
【ご利用の日時帯】 例:5月13日 金曜日 20:15頃
【ログイン操作後の画面表示】 例:ログイン画面に戻る

週明け最初の営業日の午後はメンテナンスタイムとなっており、ログインいただけない仕様となっております。
MacOS X、及びLinuxでは動作を確認しておりますが、原則としてサポート外とさせていただいております。


プライバシーポリシー | 利用規約