1000万円〜1億円運用

5000万円を運用して1億円にする最短の方法!ヘッジファンドしかない理由とは

5000万円を運用して1億円に増やす最良の方法は何でしょうか。

 

超富裕層の運用方法といえばプライベートバンクですが、最低出資金額が2億円程度必要なところが多く5000万円では利用できません。

 

しかし、5000万円という金額は大金であり、1万円程から買える一般的な投資信託で運用しようと思っても効率が悪いです。

 

5000万円を最も効果的に運用しようと思ったら、5000万円という金額感に合わせて設計された運用手法を選ばなければなりません。

 

めぐみ
めぐみ
証券会社で働いていた私達が考えに考え、悩みに悩んでたどり着いた答えがヘッジファンドです。
ゆうすけ
ゆうすけ
現在、私達もヘッジファンドで運用中ですが多くの人にとって最良の選択肢だと思います。

 

5000万円を運用して1億円を目指すならヘッジファンドが最適である理由を解説していきます。

 

5000万円を資産運用する意義

資産運用で得られる3つの安心

まずは、何でそもそも資産運用が必要なのかというところを確認しておきましょう。

 

5000万円を資産運用することで3つの安心が得られます。

 

資産運用で得られる3つの安心

①インフレが発生しても安心
②年金生活を迎えても安心
③会社を辞めても安心

 

①インフレーションが発生しても安心

インフレーションとはモノの価格が上がり、お金の価値が下がることです。資産運用せずに貯金しかしていないとインフレーションの影響を直接受けてしまいます。

 

身近な例ですと、以前は100円で買えたコンビニの鮭おにぎりも今や140円もする時代です。この場合40%価格が上がっています。

 

つまり、今仮に1400万円の貯金があったとしても40%インフレが進行すると1000万円の価値しかなくなってしまうことになるのです。

 

めぐみ
めぐみ
資産運用しておけばお金をどんどん増やせるのでインフレが起こっても安心です。

 

②年金生活を迎えても安心

日本では超高齢化が進んでおり、年金の受給年齢はどんどん引き上げられています。

 

今働いている我々現役世代が将来きちんとした年金をもらえるかは分かりません。むしろ生活できるだけの年金をもらえない確率の方が高いのではないでしょうか。

 

しかし、資産運用をして自分だけの資産を築いておけば、資産運用の配当金だけで生活することができます。

 

ゆうすけ
ゆうすけ
資産運用しておけば働かなくても固定収入が得られるので安心です。

 

③会社を辞めても安心

お金のために嫌々ながらも仕事を続けているという人は多いと思います。

 

ですが、資産運用によって固定収入が得られればそれだけで生活できます。嫌な仕事にしがみつく必要はありません。

 

もちろん無理に会社を辞める必要はありませんが、「いつでも会社を辞められる」という状況にある事でストレスを激減させることができます。

 

めぐみ
めぐみ
資産運用からの固定収入があればストレスフリーで仕事をすることができます。

 

5000万円の未来予想図

資産運用で5000万円を1億円にするといっても無理に急激に増やしていく必要はありません。

 

5000万円を1~10%で30年間運用した場合を考えてみましょう。

 

利回り\運用年数 10年後 20年後 30年後
1% 5525万円 6100万円 6740万円
3% 6720万円 9030万円 1億2135万円
5% 8145万円 1億3265万円 2億1610万円
7% 9835万円 1億9350万円 3億8060万円
10% 1億2970万円 3億3635万円 8億7245万円

 

資産運用していけば3%から10%の利回りであっても、ゆうに1億円以上の資産を築けることが分かります。

 

色々考えて何もしないよりも、「とにかく資産運用を始めてみる」ということが何よりも大切なのです。

 

ゆうすけ
ゆうすけ
3%~7%の利回りを狙って資産運用していくのがおすすめです。

 

配当金だけで生活ができる

一度、1億円の資産ができてしまえばあとは資産運用による配当金だけで生活が出来てしまいます。

 

1億円を年利5%で運用すると年間500万円の収入です。サラリーマンの平均年収が約400万円ですから生活するには十分なお金でしょう。

 

めぐみ
めぐみ
資産を一度築いてしまえばあとは何もしなくても大丈夫ですね!

 

それではこういった生活を実現するにはどうすればいいのでしょうか?

 

資産運用での生活を実現するにはどうすればいいのか

巷で言われている間違い

資産運用のコツとしてよく巷で言われているのは「分散投資」だと思います。

 

「分散投資をすることによってリスクを減らして安定的に運用していきましょう。」という考えです。

 

分散投資とは

分散投資とは、広く多くの銘柄に投資することで1銘柄の影響を薄める手法です。大きな損失や利益が出にくくなります。

 

分散投資では大きな損失が出にくくなりますが、当然大きな利益も出にくくなります。巷で言われているほど「分散投資」は優れた方法ではありません。

 

分散投資の代表例

分散投資が多く採用されているのは「投資信託」です。投資信託では成果報酬が導入されていないため、運用成果が会社にとっての利益になりません。

 

そのため、投資信託には当たり障りのない運用手法である分散投資がよく採用されます。

 

めぐみ
めぐみ
投資信託の「分散投資」は悪い訳ではありませんが決してベストではありません。
ゆうすけ
ゆうすけ
投資信託しか選択肢がないのであれば仕方ありませんが、5000万円を運用する場合は他の方法がおすすめです。

 

5000万円を運用するベストな手法とは

5000万円というまとまった金額を資産運用するならヘッジファンドが絶対におすすめです。

 

ヘッジファンドは資産運用のプロで、投資家の資産を増やすことを生業としています。卓越した運用能力で投資信託などとは一線を画したパフォーマンスを発揮してくれます。

 

さらに、ヘッジファンドの大きな特徴は成果報酬を採用していることです。運用成果が出れば出るほどヘッジファンドのリターンも大きくなるので死に物狂いで資産運用してくれる点も投資信託と異なります。

 

ヘッジファンドの大きな利点

①卓越した運用能力をもつプロフェッショナル
②成果報酬を採用しているので死に物狂いで資産を増やそうとする

 

めぐみ
めぐみ
運用スキルも資産を増やそうとするモチベーションもヘッジファンドが1番優れていると思います!
ゆうすけ
ゆうすけ
色々試行錯誤してきましたが私達も運用資産の5000万円全額をヘッジファンドにお任せしています!

 

私達がなぜヘッジファンドで5000万円を運用しているのか?

上手くいかなかった株式運用

私達もいきなりヘッジファンドという答えにたどり着けたわけではありません。

 

当初は自分達で株式投資を行っていました。もちろん、手を抜いていたわけではなく本気で勉強して本気で取り組んでいました。

 

しかし、2010年から2000万円で投資を始めたものの、わずか2年で1000万円程まで減少。

 

2013年以降のアベノミクスで何とか2000万円に戻すものの、株式投資では成功することができませんでした。

 

めぐみ
めぐみ
恥ずかしながら結果は散々でした。

 

運用のプロとは超特殊能力

私達も当初は自信を持って株式投資に取り組んでいました。夫婦で証券会社に勤めていた経験もありますし、出来ると思っていました。

 

しかし、現実はそう甘くありませんでした。

 

やはり、資産運用で成功する能力は特殊能力だと思います。誰もが勉強すれば成功できる訳ではありません。

 

ゆうすけ
ゆうすけ
プロのスポーツ選手と同じように、資産運用でも一部の限られた人しか成功できないのです。

 

ヘッジファンドを選択してから

自分達で投資をしても成功できませんでした。そこで、他人に任せることを考えるようになり、私達が選んだのがヘッジファンドです。

 

資産運用では一部の限られた才能ある人しか成功できません。つまり、その才能あるファンドマネージャーを探して運用を託すのが最も成功する方法なのです。

 

ヘッジファンドに任せてからは、「これまで苦労していたのはいったい何だったのか。」というほど順調に運用できています。

 

めぐみ
めぐみ
私達は失敗を経てヘッジファンドを選びましたが、皆さんには失敗の過程を飛ばして選んで欲しいです。

 

ヘッジファンドをこれだけ比較しました

ヘッジファンドと一言でいっても日本のヘッジファンドだけでも数え切れないほどあります。

 

そこから投資先を選ぶのは本当に大変な作業でした。ですが、実際に数多くのヘッジファンドの面談を受けて信頼に足るヘッジファンドかどうか検討しました。

 

これから、ヘッジファンドへの投資を考えている方には大いに役立つ情報だと思うので、それらの記事もぜひご一読いただければと思います。